宮崎 貴之

(デジタルエンジニアリング)

自動車産業を軸に、3D-CAD設計技術を
幅広い分野に活用したい。

所属部署 デジタルエンジニアリンググループ
入社年 2011年入社

3D-CADで生産ラインの機械設備を設計。

写真:宮崎 貴之(デジタルエンジニアリング)

車のボデー生産のほとんどはロボットが自動で行なっていますが、細かい部品の溶接や塗装は人の手で行なわれます。私はこのボデー生産ラインで、ロボットもしくは人の手で使用される機械設備や治具の構想・設計を行なっています。まずはお客様との打ち合わせで仕様や要望を確認し、3D-CADを使って設計にとりかかります。最終的には3Dモデルを作成して納品するのですが、何もないところから図面を描き、カタチあるものを生み出していくところにやりがいを感じています。

モノづくりの喜びが実感できる仕事。

写真:宮崎 貴之(デジタルエンジニアリング)

仕事を進める上で大切にしていることは、現場の人たちの安全や使いやすさ、メンテナンスを考慮した設計をすること。実際に設備を製作される方が作りやすい、というのも大事な要素です。こうした条件を満たすために、お客様の要望をしっかり整理し、現場にもできるだけ足を運んで、プラスαの提案をすること。私が考えた機構やアイデアが織り込まれた設備が工場で使用され、評価をいただいたときの喜びは格別です。自分が関わった車が街を走っているのを見ると、「あのドアの形状、苦労したな」なんて思い出して、ちょっと誇らしい気持ちになったりもします。

3D-CAD設計技術を駆使してさらなる活用へ。

写真:宮崎 貴之(デジタルエンジニアリング)

特に印象に残っている業務は、大きな不具合が発生してチーム内で対処しきれなくなったこと。他部署の協力を得て解決に導けたのですが、チームや部署の枠を超えて問題解決に取り組む姿をみて、社員の強い結束力を感じました。今後の目標は、食品業界や医療業界など、3D-CADの設計技術を幅広い分野に応用し、仕事の効率化や医療機器の開発などに貢献できたらいいなと思っています。幸い当社は社長自らが設計のベテランで、前例にとらわれない社員の発想を楽しみにしています。そんな期待に応えるためにも、発想力とスキルを磨き、仕事のフィールドを広げていきたいと思います。

DEのキャリアプラン

採用エントリー

エフエー・ネットの仲間たち

採用情報

Copyright © FA-NET CO., Ltd. All rights reserved.

このページの先頭へ